賃貸マンション経営

土地の有効活用とは、所有地を現状よりも有効に利用しさらに所有者に長期に亘り、 安定した経済的利益をもたらす活用方法、土地を所有しているだけでは固定資産税等がかかりマイナスでしかありません。
賃貸マンショ ンの経営は安全性・安定性・節税効果という面で他の活用方法と比べ効果的で、多くの土地所有者 から支持されている活用方法です。

​長期安定収入

毎月の家賃収入が確保され、その収入は長期にわたって安定しています。
もちろん時期によっては空室がでる場合もあるでしょう。しかし、事業としてとらえた場合、非常に波の少ない堅実な経営が可能です。
安定収入源を確保することで、将来の私的年金としての役割も担ってくれます。

節税対策

所有している土地に賃貸住宅を建てると、固定資産税評価額が更地と比較した場合の

6分の1に、また建物部分についても、新たに建てた賃貸マンションは3年間に限り固定資産税が2分の1に軽減され3階以上の中高層耐火建築物の場合は5年間軽減されます。

これまでの供給者の都合で作られたアパートは敬遠され、入居者目線の考え方で建てられる賃貸マンションが選ばれる時代です。
そして、物量的に豊かになった現在では入居者のニーズは非常に多様となっています。ニーズが多様であれば供給も多用でなければなりません。
この極めて当たりまえな市場の原理に則った、入居者の多様なニーズに答えた魅力的な賃貸マンションこそが、必要とされているのです。

これからの賃貸マンション経営

実績一覧

Condominium management

賃貸マンション経営

沖縄で土地活用と賃貸経営といえばアーキテクトデザイントォーラスLOGOロゴ

ARCHITECT DESIGN TAURUS

〒904-0004 沖縄県沖縄市中央1丁目36番9 
TEL:098-937-3131 / FAX:098-937-3132